· 

整理収納アドバイザーとして

整理収納に興味があり、できることならば仕事にしてみたい。
こんなきっかけで、資格を取得。私自身のきっかけも、そうでした。


でも、当然ですが、
資格を取ったからといって、仕事があるわけではありません。
どうやったら、仕事が来るのか?仕事につながるのか?
これは、当初の私にもわかりませんでした。

整理収納のプロとしてスタートしてこの間、感じることは、

向こうから仕事は来ません。
自ら動く必要があります。
仕事や人とは自然には、つながりません。
つながるために自らつなげていく必要があります。


頭でっかちになりすぎても動けません。
知識をたくさんたくさん入れたからと言って
いい仕事につながるとは限らない。


お金をいただくプロとしての自覚を持ち、
自分の最善を尽くす気持ちで、現場に出ていくこと。
現場(コンサルティングや収納サービスやセミナー)を
経験していくことが、一番の勉強。
やってみて、本当に、次に必要もことがわかってきます。
痛い想いをして、身になること。

人それぞれの方法があり、
人それぞれに合った進み方があります。
人と比べるのではなくて、自分には、何ができるのか?
自分にしかできないことは、何なのか?

活躍している全国のアドバイザー仲間たちは
「オンリーワン」アドバイザー。
あの人だからできることを強みとして、邁進している姿はすばらしい。

 

2011年8月の記事から

Egawa Kayo
お申込み&お問合せ
江川佳代

 

江川佳代プロフィール

 

西日本初の整理収納アドバイザー1級認定講師として片づけのプロを目指す方々の育成や指導に携わりながら、整理収納アドバイザーとして多くの個人宅やオフィスでのお片づけのお手伝いやセミナー講演会でさまざまなターゲットや角度からお片づけについて伝えている。

 

これら活動の中で、特に、お悩みやご依頼の多い、子どもの片づけについてを解消すべく、2014年11月に親・子の片づけに特化した

一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所を設立し理事としての活動開始

  

一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所 理事

 

「暮らし方は生き方」を提唱。

→プロフィールをもっと詳しく

→江川佳代整理収納コンサルタントオフィスの事業概要

 

 

整理収納アドバイザー2級認定講座
講座・セミナーのご依頼