· 

再スタートまでの苦難

2006年当時、「21世紀職業財団」という再就職支援財団がありました。


これは、それぞれの事情で仕事をやめた女性がもう一度何か仕事をしたいと考えている方たちが登録すれば、無料でセミナーやカウンセリングを受けることができるというものでした。

 

現在でいうと、今江川がサポーターをさせていただいている、創業女子部のようなものです。

私は2000年に13年間も働いた職場をやめて、すぐに出産しました。

32歳での環境の激変と初めての育児に戸惑い、育児ノイローゼにもなりました。

周りのママは楽しそうに育児をしているのに、私は楽しめない・・・
どんどんと自信を失い、心から笑うことさえ忘れていました。

そんなときに、登録したこの財団。
そして、受けたのが、「再チャレンジサポートプログラム」、

この中で、過去の自分の棚卸作業をしました。

少しずつ、自分が見えてきて・・・

知らなかった自分や自分の過去の経験が活かされること。
カウンセラーの方の言葉に勇気づけられて、進む道が見えてきました。
そして、今へとつながってきている。

もう、社会復帰できないと思っていた私、財団やカウンセラーの先生のお力で、再スタートすることができました。ここが私の原点です。

 

一人で悩んだ時間も無駄ではないと私は思っています。

でも、その時間をかけすぎると気持ちが続かなくなる。

 

仕事を見つける段階でも、仕事をスタートしてからも、自分一人で抱えないことが、

続けていくための大切な「素直さ」だと感じています。

私はこのとき夫に支えてもらっていたことを忘れかけていました。

 

家族がむつかしいならば、外で見つける。

家族の形はそれぞれだと思っています。

他人の家族をみて比べるでは解決しないことだけは確かです。

 

それよりも、家族がやってくれていることにまず目を向けてみる。

何もないですか(笑)お給料をもってかえって養ってくれていることも、やってくれている一つです。

 

 

 

Egawa Kayo
お申込み&お問合せ
江川佳代

 

江川佳代プロフィール

 

西日本初の整理収納アドバイザー1級認定講師として片づけのプロを目指す方々の育成や指導に携わりながら、整理収納アドバイザーとして多くの個人宅やオフィスでのお片づけのお手伝いやセミナー講演会でさまざまなターゲットや角度からお片づけについて伝えている。

 

これら活動の中で、特に、お悩みやご依頼の多い、子どもの片づけについてを解消すべく、2014年11月に親・子の片づけに特化した

一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所を設立し理事としての活動開始

  

一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所 理事

 

「暮らし方は生き方」を提唱。

→プロフィールをもっと詳しく

→江川佳代整理収納コンサルタントオフィスの事業概要

 

 

整理収納アドバイザー2級認定講座
講座・セミナーのご依頼